赤味噌のなつかしさと味噌を摂取するヘルシーライフスタイル

母親が福島県の田舎育ちで、その家では味噌汁は煮込んで食べるものという習慣があり、それを受け継いだ味噌汁を良く作ってくれました。野菜がいっぱい入っていて、塩分が強く、本当に煮込んである味噌汁でしたので、濃厚な味わい、そしてそれを食べると、後で喉が渇くのがとても印象に残っています。その味噌汁はいわばおふくろの味であり、とても懐かしく覚えていますし、たまにそれを食べたくなることがあります。

発酵食品で、健康にも良い、栄養価も高い、保存が効くし、ごはんに合うし、ごはんに載せて食べてもおいしい、赤味噌って本当に魅力があります。減塩味噌などの商品も出ていますが、やはり塩分がしっかり入った赤味噌がいかにも味噌らしいというイメージがあります。そして味噌は自宅でも大豆や豆麹、食塩などがあれば作ることができるため、自家製の赤味噌汁もまた独特の深みと味わいのあるものとなります。

赤味噌は、白味噌よりも塩分が多く夏場など塩分を欲しい場合にはぴったりです。また便通にも良いとされていますので、便秘がちな人には試してみる価値がありますのでお勧めです。

最近は洋食が広まり、朝食はパン、夜はスパゲッティなどを選択する人も多いですが、やはり朝からごはんと味噌汁、それにお新香やサラダ、納豆、魚などで1日を始めるのは健康的ですし力が湧いてきます。おかずが少なくても、ごはんと味噌汁があればそれなりに満足できる、それは味噌汁そのものの栄養と、そこにいろいろな具を入れることができるからであり、野菜など必要な栄養分をしっかりと摂取できるからでもあります。味噌それも赤味噌を通販でお取り寄せし摂取することで、ヘルシーなライフスタイルを築いていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました