戸籍の取寄せを迅速に的確に行ってくれるのが行政書士

戸籍が必要になる場面の1つが相続です。相続手続きには戸籍が必要です。必要となる戸籍は、銀行、法務局、税務署と手続きをとるところによって、少しずつ異なります。必要な戸籍を整えるのは、法律や戸籍に詳しくない人間にはなかなか大変なことです。また、相続手続きには期限が設けられているものがあります。たとえば、相続を放棄したい時には、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に手続きを取らなくてはなりません。

戸籍の取寄せは迅速に行う必要がありますが、最寄りの役所で全て集められるとは限りません。そうした時に利用したいのが行政書士です。また、古い戸籍を正確に読み取るには、戸籍に関する知識も必要です。行政書士は、戸籍に関する知識を有し、秘密を守る義務が課せられているので、安心して戸籍の取寄せを依頼することができます。行政書士に依頼すれば、全国どこでも戸籍を取寄せることが簡単にできます。

戸籍の取寄せの手数料は、行政書士によって設定が異なりますが、目安は1万5000円です。それに実費が加わります。実費とは、役所手数料、郵便料金、交通費などです。行政書士によっては、戸籍の取寄せに際して、相続関係説明図を無料で作成してくれたり、戸籍変遷表を無料で作成してくれるところもあります。料金は全て後払いにしているところが多いようですが、一部を前払いとしている行政書士もいます。依頼する際に、料金の払い方についても確認しておくのが無難です。

タイトルとURLをコピーしました