行政書士の役割とは?仕事内容等について行政書士の内容を解説

■行政書士の役割、相続や手続きに関する郵送上の問題等について

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格でありますので、難関な国家資格を取得して初めて行政書士と言う仕事に携われる形となります。

官公庁への提出書類や、権利義務、事実証明等一般人では煩雑な事務を代行して頂けるのが大きな役割であります。郵送等の関係では、許認可や申請書に契約書等に係る、権利義務、事実証明に関する書類等を作成して各関係機関に郵送してくれる形となります。

また、相続に関する手続きとしまして、不動産の名義変更として、遺産分割協議の終了、登記に必要な書類の収集、登記申請書の作成、法務局への登記の申請等の業務を実施してくださいます。また、この場合における、登記に必要な書類等も条件によって異なる形となります。

例えば、法定相続人が一人の場合または法定相続分で相続をする場合におきましては、用意されるものとして、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、法定相続人の戸籍謄本、法定相続人の住民票、相続する不動産の固定資産税評価証明書等が必要とされます。

遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合としましては、必要になる書類等としまして、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、法定相続人の戸籍謄本、法定相続人の住民票、相続する不動産の固定資産税評価証明書、法定相続人の印鑑証明書、遺産分割協議書等が必要となります。

これらの条件によって、そのような書類が必要となり、今現在おかれている条件がどのような条件かも一般人としては、難しい部分であると思います。そのような官公庁へ提出するものをすぐに分かり易い形で代行してくださることや、相続税や遺産分与の関係で、各種関係法令に基づいて的確に業務を代行して遂行してくださるのが行政書士としての職務内容であります。

タイトルとURLをコピーしました