遺産の相続や手続きで行政書士ができること

遺産の相続や手続きは素人だと大変に難しい項目であり、基本的には専門家に任せるのをおすすめします。これら遺産の相続や手続きの専門家には、不動産関係に強い司法書士、法律関係のエキスパートである弁護士、税金関係の税理士がありますが、行政書士はさほどこれらの問題がない場合に気軽に相談ができるというメリットがあります。

行政書士は各種手続きにおける書面を代行して書くのが仕事ですが、遺産の相続や手続きの際にも相談をして書面を代行して書いてくれます。遺言書の作成、遺産分割協議書などから各種の名義変更なども受けていています。また不動産の相続登記手続きには戸籍調査が必要になりますが、この時に行政書士さんに頼むとスムーズに行くので便利です。

行政書士さんは基本的な書面の代行業をしており、各種のエキスパートには叶いませんがその分ハードルが低く相談しやすいのが大きな利点です。ここで1つ注意して置きたい点としては行政書士には代理権が無いということだけは覚えておきましょう。司法書士や弁護士などはこの代理権によって裁判所に代理で手続きをしたり、交渉を代理ですることが可能ですが、行政書士はこれができません。このために行政書士に任せるケースとしては、比較的遺産の相続や手続きが生前で決まっており、トラブルが少ないものをおすすめします。もしこれらに問題があることが分かった場合にも、行政書士さんを通じで各所のエキスパートに引き継ぎをスムーズにすることができるので、各種の遺産や相続の手続きで最初に相談をするのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました