遺産の相続や手続きをする際に選ぶ行政書士

遺産の相続や手続きは何かと難しい点が色々とありますので、専門家を交えて行うことが推奨されます。これらの手続きをする場合には弁護士、司法書士、行政書士、税理士などを選ぶことができますが、今回は行政書士に関して紹介していきます。

遺産の相続や手続きで何かトラブルが起こっている場合にはまず弁護士に相談をするといいでしょう。また不動産関連の相続には司法書士を、相続に関する税金面の相談には税理士を選ぶことになるのですが、行政書士は遺産分割協議書の作成をする際に相談をするのをおすすめします。また行政書士は相続関係説明図の作成、相続人調査や相続財産調査なども頼めるので、色々な相続の手続きに関する書面を依頼することができます。

他の司法書士などと違って、実は行政書士は代理権を持たないという点には注意しましょう。司法書士などは法務局に提出する登記申請書や裁判所に提出する書類などを代理で作成することができます。一方で行政書士にはこの代理権がないのでこれらの書類を作ることはできません。どちらかというとある程度遺産の相続や手続き関係がある程度まとまっており、話し合いなどが問題なく進んでいる時などは行政書士の方に依頼をすると、迅速に書面を作成してくれるので便利です。料金も比較的リーズナブルなこともあるので、ある程度円満な遺産の相続や手続きを見込めるならば行政書士に頼むと良いでしょう。このように遺産の相続には色々なケースがあるので、自分に合った専門家を選ぶのをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました