遺産相続を行政書士に依頼すると効果的な理由

行政書士は国家資格を保有する専門家です。行政書士ができる主な業務は、官公署に提出する書類の作成、権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成、及びこれらに付随した相談業務です。

なお、行政書士とよく勘違いされる資格に司法書士があります。司法書士の代表的な業務は、不動産の登記や会社・法人の登記申請の代理です。相続に関する業務は、権利義務に関する書類の作成や相談になるため、行政書士の管轄になります。

行政書士は資格の問題から、相続人間の紛争の解決にあたったり、裁判における代理人になったりすることはできませんが、遺産相続に必要な書類の用意や作成ができます。

行政書士は相続手続き全般においてきめ細かなサポートが可能であり、相続手続きを行政書士に依頼することで、様々なメリットを得られます。

特に、相続ではやらなければならない手続きが非常に多くなっています。例えば、遺産分割協議書の作成や遺産目録の作成、各相続人の戸籍の取得、銀行預金の相続手続き、株式の名義変更手続き、自動車の名義変更手続きなど、時間を取られることが数多くあります。

相続人が自分で全てやろうとすると負担が大きくなってしまい、仕事の時間を削られるだけではなく、精神的にストレスを感じるようになります。行政書士に依頼すれば、負担が大幅に削減できます。

また、行政書士は弁護士などの他の専門家と比べると、報酬がリーズナブルになっており、コスト面でもお得といえます。

タイトルとURLをコピーしました