知人のアドバイスにより行政書士さんに全てをお任せしました。

相続手続きに置いて、いろいろと面倒なことが起きてしまい、自分自身の知恵や力では先へ進めそうにないと感じている事を知人に相談しました。知人に大筋の説明をした時点で、行政書士の方の相談してみてはどうかと言われて、初めて行政書士の方が相続に関する書類などを揃えてくれる力になってくれることを知りました。

まず、相続手続きで肝心な事は戸籍謄本の取得が必要で、場合によっては全国から戸籍謄本を取寄せる必要があると言う事が分りました。
一人の労力では全国各所の戸籍謄本などを取寄せる事は困難だと思いましたので、それは行政書士さんのお力をお借りしなくてはいけないと、話を聞いているうちに判断が出来ました。

相続手続きに必要となる、戸籍謄本の取得と言うのは、とても複雑な上に大変に時間を要する作業だと言う事も分かりましたが、場合によると、古い戸籍が必要になる事もあると聞いたので、昔の戸籍は手書きな為、解読をする作業だけでも素人には一苦労だと言う事も知りました。

そして、法廷相続人が兄弟姉妹となる場合や数次相続の手続きをしていない場合には、代襲相続などになる場合は更に複雑な作業になるそうなのです。
普通、一般の人が相続関係を把握しながら、複雑な戸籍内容を読み解いていく事は極めて困難だと分りましたので。行政書士の方に、困難な作業でもある、戸籍の取寄せをお願いした事で、大変に短期間で相続問題が解決したので、感謝しております。
行政書士さんの存在を教えてくれた知人にも感謝です。

タイトルとURLをコピーしました