妻の父が他界した事によって行政書士さんに依頼をしました。

昨年、妻の父が他界致しました。妻の父と私たちの夫婦の自宅は遠方にある為、葬儀等が一通り終わると、自宅の整理などへも行きましたが、我が家はまだ幼い子が居るため、妻の実家と自宅を行き来する事は大変困難なので、相続関係の手続き上をする事では大変苦戦をしました。

妻は一人娘なため、頼る兄弟もおらず、かと言って妻の親族ばかり頼る事はできないので、職場の先輩に相談したところ、行政書士の方に戸籍謄本等の書類を代行取得してもらい、相続に関する手続きなどの事も行政書士さんにお任せをしたらどうか?という提案を貰いました。

最初は行政書士の探し方が分りませんでしたが、ネットで下調べをしていると、相続のことに関する手続きなどで、戸籍謄本などを代行取得してくれる行政書士の方の探し方を案内しているサイトなどもある事が分りましたので、ネットの情報を頼りに、専門の行政書士さんを見つけることが出来ました。

メール上で打ち合わせも出来ましたし、速やかに戸籍謄本などを代行所得してくださり、スピード感を持って、相続に関する手続きが終了したので、かなりのストレスが軽減されたと妻も言っていました。

最初から行政書士さんの存在を知っていれば、一切の手間が無かったなかと、自分の無恥なことを改めて痛感致しました。
その後、相続等の書類集めのに苦戦している知人がいたので、私たち家族の体験談を聞かせてあげました。彼も行政書士さんを頼りにしたようです。

タイトルとURLをコピーしました