行政書士は書類作成のプロ!まかせて安心

行政書士の仕事は大きくまとめると、行政書士法に基いた国家資格になり、各都道府県の官公庁への提出書類書類や権利義務や事実証明に関することの書類の作成や、提出の手続きをなどを官公署提出書類に関する行政不服申立て手続きの代理、作成に伴うことの相談などに応じてくれる仕事内容になります。

法人や企業の相談は勿論のこと、個人の相続の相談や相続に関する名義変更などの書類作成や申請や手続きなどもしてくれます。

相続の相談や名義変更などを行っているのは、主に弁護士、税理士、行政書士ですが、相続人が紛争状態になっている案件ではなく、相続の名義変更などについては、行政書士に依頼をする事がもっともベターだと言われています。

弁護士のように相手方と交渉などはしませんが、名義変更の書類作成や申請、手続きに関しては的確にこなしてくれるので、料金的なことを考えても弁護士や税理士などを使って相続の名義変更を行うよりもスピーティーに行われます。

タイトルとURLをコピーしました