求職者の意識の変動に企業側が対応できていない

自分の能力を活かしたいから転職する若者が増加中

近年 人材の獲得競争が激化し求職者有利の売り手市場と言われている中、ほんの一部の大企業を除いては、 質の高い人材を獲得することができなくなっています。

大きな理由としては、会社を選ぶ時にこれまでの求職者は給与や休日の数や勤務地などの明確な基準で会社を選択していました。

しかし現在では、自分のライフスタイルに合った仕事や、仕事の本質的な価値を求める事に意識の変動に企業側が対応できていないのです。

また『自分の能力を活かしたいから転職する』若者が増えているのも確かな事実です。企業側にとっては、求人採用は中途採用も新卒採用も厳しい様です。

先日、知人の紹介で行政書士さんの元へ伺って、相続の相談を無料でして戴きました。
昨年、私の父が他界した事により、相続の問題を抱えていたのですが、相続と言うとても繊細で難しい問題について、なかなか相談ができる場所がなく、困っていました。弁護士さんに相談をするのは敷居が高く、料金なども心配でしたが、知人が相続の相談ならば行政書士の方が良いと言う事を教えてくれたので、それがきっかけとなり、行政書士さんのところへ伺いました。

行政書士さんは相続に関する全ての書類の作成や申請まで行ってくれるということで、私自身、公正証書などについては全く知識は無いので、行政書士さんの話を聞いているだけでも、相続に関する書類の作成は無理だと判断しました。

また、料金的にも想像以上にリーズナブルだったので、相続についての専門知識も多い、行政書士さんに相続に関する全ての書類作成と申請までお願いをする事のなりました。大変スムーズに事が進み、感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました