企業側の求人採用に変化

売り手市場の最新の求人採用

私は行政書士の資格持っていますので、求職希望者として、求人情報誌や企業のリクルートのサイトをよく見ます。

世間では求職者に有利な売り手市場と言われていますが、再就職となると意外とハードルが高く、思う様に中途採用してくれるところは、なかなか有りません。もちろん給料が大切なのはそうなのですが、給料と同等かそれ以上に仕事の質や生活の質で満足できるかどうかを仕事選びの判断にしたいと思っています。

行政書士は、官公庁に提出する書類や、権利義務・事実証明に関する書類の作成を行う専門家です。行政書士が扱うことのできる書類は数千種類にも及びます。
相続についての書類は、権利義務に関する書類に該当するものが多く、相続手続きは行政書士が携わっている業務の一つです。

行政書士が行える手続きとしては、遺産分割協議書(遺産をどのように分けるかについての書類)の作成、株式や預貯金の解約・名義変更、相続に必要な戸籍謄本・除籍謄本・住民票を取り寄せる、といったものが挙げられます。家庭裁判所での相続放棄の手続き、あるいは、代理人として他の相続人と交渉をする、といった複雑な事案に関しては、司法書士や弁護士に依頼する必要がありますが、一般的な相続手続きに関しては、行政書士に依頼することで費用を抑えることもできます。

相続は人生で何度も経験するようなものではないので、何をしてよいのかわからない、という人がほとんどですが、行政書士は、相続に関する相談やアドバイスも行っています。手続きについての見積もりも無料で提示してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました