行政書士とは何?司法書士などの違い、

遺言書や離婚の調停書や公正証書や戸籍謄本の取り寄せ代行などの公式な書類を作成する時は行政書士

一般によく言われるように行政書士というのは「町の法律家」も呼ばれていますし、又、一方では「町の代書屋」ともいわれているようです。 行政書士というのは勿論、資格であって実際に報酬を得て仕事をするには国家試験としての免許が必要になります。

行政書士の主な仕事としては、例えば、遺言書や離婚の調停書などの公正証書や戸籍謄本の取り寄せ代行などの公式な書類を作成する時は行政書士に委ねるのが一般的です。 勿論、此の際は依頼者の代理人として書類を作成し公証役場まで同行いたします。 因みに、公正証書とは、公証人という役人が書類を認定することで此れを証書といい、公正に作成したことを証明してくれたとして此の書類を「公正証書」といいます。

又、行政書士は遺産相続、つまり生前相談などの依頼者の相談を受けることも有ります。 此の生前相談などは司法書士や弁護士でも相談ができますが、単なる生前相続などの書類を作成する分には行政書士でもできますが、ところが万が一に問題が発生した場合は、即ち、家裁などの判決が必要な時は其の相談の手続きや立会については、司法書士や弁護士の出番となります。

タイトルとURLをコピーしました