遺言は行政書士に作成してもらう公正証書遺言が簡単で確実

遺言なら行政書士に依頼しよう

行政書士の仕事内容はさまざまです。飲食店などの開業手続き・会社設立時の手続き・内容証明郵便・戸籍謄本の取り寄せ代行等です。その一つに公正証書遺言の作成があります。

公正証書遺言とは、公証役場で公正証書として保存してもらう遺言を指します。
公正証書は、法務大臣に任命された公正証書を作成することが認められた行政書士などが、当事者から依頼を受けて作成される公文書です。

これに対して、公文書ではない遺言に自筆証書遺言がありますが、この場合すべて自筆で書く必要があり、公証役場で保存されないため管理にも不安が残ります。
また、公正証書遺言は専門家である公証人が作成しているため法的有効性がありますが、自筆で書いた自筆証書遺言は家庭裁判所の検認を受けて初めて法的有効性が認められます。

他にも行政書士などに頼んだ場合、戸籍謄本などの必要書類の準備も代行してくれるため、簡単で不備のない確実な遺言を作ることができます。

もしも、亡くなった後の遺産相続を円滑に進めたいならば、行政書士に依頼して公正証書遺言を作成してもらい、公証役場で保存しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました